何を学べるの?

《内容》
1、シャットカルマ
古代から伝わる身体を浄化する方法です。
ハタヨガには、身体を清める為の伝統的な6個の技術があります。
これは、身体の粘液、脂肪、胆汁の過剰生成を防ぎ、常にクリーンな身体でいる為に行うものです。鼻うがいや呼吸法、内臓マッサージなどがこれにあたります。
この技術は経験豊かな指導者の下で行います。

 
2、アサナ
このコースでは、ハタヨガの基本のアサナを行います。
これらのアサナは身体と心をより健康でエネルギッシュなものにし、病気からも開放されるでしょう。そして、身体は瞑想への準備が整います。
アサナ行法は、世界で最も知られたヨガの優れた行法のひとつです。


3、プラーナヤマ
身体で一番で重要なプラーナ(生命力)の流れをコントロールする呼吸法です。
アサナの練習後に行う事で、身体に絶大な効果を感じられます。

 
4、メディテーション
瞑想は、感覚や思考を制御させる事によって心と身体を落ち着かせる沈静化の実践です。
自分の精神的理解と認識を深められるよう設計されたプログラムを行います。


5、マントラ
思考を浄化し、自分を純粋なものへと導くように、マントラを唱えます。
サンスクリット語のお経のようなものです。
トレーニングを終えるころには、12~13ほどのマントラを唱えられるようになるでしょう。

6、ムドラ
手印。瞑想や儀式で用いられる手のしぐさ。
意識と集中を高め、気分、態度、知覚を変える高度なヨガ行法です。
ムドラは体内エネルギーの流れに微妙ですが強力な効果を持ちます。
より深い精神的な実践のための良い準備になります。


7、バンダ
体内エネルギーの流れをロックし、流れを良くする行法です。



8、ヨガ哲学
インドのヨガの起源、ヒンドゥー教の神話など、インドでしか学ぶことのできないヨガ哲学を、リシュケシュ育ちのインドの先生から学びます。
ヨガスートラ
バガバッドギータ
何世紀と受け継がれてきたヨガ哲学の起源を解説します。
これらのテキストは、近代的なヨガを理解する上で最も重要な本のひとつです。
この聖句の理解は、ヨガを実践し深める上で非常に重要です。


9、ハタヨガの解剖生理学
ヨガ講師は、人体の動きだけでなく、消化器、循環器、神経系の働きを理解しなければなりません。
生徒が練習の利点と限界を理解して行えるよう、適切な知識を身につけます。
生徒が安全に練習でき、各自の身体を適切に調整できるようにしていきます。
現役鍼灸師でヨガ講師の先生から、実践的な解剖生理学を学びます。

10、アーユルヴェーダ
身体の内側と外側の両方の機能を理解することで身体を癒す古代のヨガ行法です。
心身の健康を向上させる為の、身体のタイプや、食事栄養学を学びます。

HimalayanYogshala

ヒマラヤンヨグシャラです。 インドリシュケシュRYT200、RYT300、ヨガリトリート、ヒマラヤリトリートの最新情報はこちらからご確認下さい。 Japan https://www.himalayanyogshala.com/ India https://himalayanyogshala.in/

0コメント

  • 1000 / 1000